「とっとり大家の会」勝ち組大家塾へようこそ!

未曾有のアパマン空室戦国時代!あなたは生き残れますか…?なぜ、こうなったのか・・・?
すべてを任せていては勝ち残れません!!正しい知識を習得し、業界の悪慣習を断ち切り、すべては入居者様の満足度向上ために日々学び検証実践する!ここに満室経営のヒントがあります!
そして、健全な賃貸業界を再編するためにも、純粋に大家さん達で防衛していく組織が必要です!ぜひお集まり下さい!
<< 「とっとり大家の会」勝ち組大家塾9月定例会報告 | main | 大家検定(R)認定講座 鳥取支部主催の開催について >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->

頼みのはずの管理会社は・・・

当社の目の前と近くに、更に近所にあるアパートは、昨年その管理会社の予期しない倒産劇で、とある大手FCチェーン業者がそれらを含め、ごそっと大掃除でもするかのように管理替えをしていきました。
そのアパートは旧管理会社の頃から空室はあったものの、管理を替えてからは更に空室が増え、お客様を連れてきたかと思えば、ものの2・3分で出て行ってしまう光景は何回か覚えがありました。

昨日、当社テナント大家さんから知り合いを紹介され、目の前と近くのそのアパートを紹介して欲しいということで、その管理会社から鍵を借り物件を見て頂くことに・・・

結論はもうお分かりですね!
玄関周りは蜘蛛の巣だらけ、ようやく中に入ったら、猛暑の熱気でよどんだ空気が襲ってくる。更に酷いのは、和室の新畳が床に積まれたまま、床の埃やゴミからなのか、目が痛くなる刺激臭が居ても立ってもいられない!

もう一つの近くの物件も似たようなもの。フロアは何か工事の後のような埃が溜まったままで、スリッパもなく内見どころかスグ出たくなった。
想像はついていたが、こんなまともに管理されていない、大家自身も任せっきりで管理しようとしない物件なんて、安くしてくれたって誰が借りる筈もない!逆に当社に管理を頼まれたとしても、キッパリお断り申し上げる。

その大家からしてみれば、頼みのはずの管理会社。
管理替えの時には甘い言葉で、さぞかしスグにでもまたそれからも満室を期待させているくらいでしょう・・・
その会社がこともあろうに、管理とは名ばかりの実態を繰り返し、手数料を毟り取り、何か一言目には「家賃値下げ」の大合唱!大家と共に安定経営を目指す考えなど、これっぽっちも持ち合わせていない・・・そんな不動産会社のオンパレード!
そんな不動産業界は何時になったら改善されるのだろう!?

これが真実なのです!大家さん自身が自立し、経営意識を持ち、知識を吸収して対処していかなければ、この業界はこれから先も同じことの繰り返しです!

スポンサーサイト

無料メール会員登録
「とっとり大家の会」勝ち組大家塾をはじめ、セミナー、勉強会等の最新情報をお届けします。

登録はこちらから
プレスリリース
2013/12/16掲載 全国賃貸住宅新聞
とっとり大家の会12月定例会及び忘年会
こちらのページへ

2013/11/18掲載 全国賃貸住宅新聞
とっとり大家の会10月定例会
こちらのページへ
ドライブレコーダーで安全運転
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS