「とっとり大家の会」勝ち組大家塾へようこそ!

未曾有のアパマン空室戦国時代!あなたは生き残れますか…?なぜ、こうなったのか・・・?
すべてを任せていては勝ち残れません!!正しい知識を習得し、業界の悪慣習を断ち切り、すべては入居者様の満足度向上ために日々学び検証実践する!ここに満室経営のヒントがあります!
そして、健全な賃貸業界を再編するためにも、純粋に大家さん達で防衛していく組織が必要です!ぜひお集まり下さい!
<< 「とっとり大家の会」勝ち組大家塾2月定例会開催 | main | 「とっとり大家の会」勝ち組大家塾2月定例会報告 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-->

税制改正セミナーが流行る時期ですが・・・

昨年12月に平成23年度「税制改正大綱」が閣議決定された。
大きくは、1月から開始される「相続税の基礎控除の引き下げ」です。現在の5,000万円から3,000万円と下がり、相続人1人当り 1,000万円控除も600万円に下がります。
さらに、相続税額の圧縮に効果的だった生命保険でも、「生計を一つにする同居の親族に限る」ということですから、むごい改正だと言えます。
法人への課税は減税にして、その穴埋めに個人に対する課税は大幅な増税路線です。近い将来消費税の増税も心配で、益々景気への悪影響が心配されます。

ここで、この相続税の不安を逆手にとったビジネスが、またあちらこちらで流行りだします。
そうです。以前からあるハウスメーカーや建設業者・不動産業者主催の「税制改正セミナー」です!
もうお分かりでしょうが、彼らの目的は「相続税の不安に乗じて、賃貸物件を建てさせガッポリ儲ける」ことです!さらに、契約をとり易くするための「家賃保証・一括借上」なる制度でごまかし、その後の絶対服従管理で利益を吸い取り続ける。まさに最初から最後まで取りっぱぐれのないビジネスです!

こんなビジネスがまかり通る原因は、悪徳商法でもなんでもなく、ただ単に地主さん・大家さんの誰もが自分の大切な資産に係わる知識を持ち合わせていないこと!また学んでから進もうとしないで、知識が無いことを理由に「他人に全てお任せ」で、営業マンの言葉を鵜呑みにしたり、大手業者だからプロだからと大きな勘違いをして向かってしまうことに他ならない!

確かに、賃貸物件を建てれば相続税対策の一つにはなります。しかし、それだけの理由で向かってしまっては、取り返しのつかないことになってしまいます。そのような大家さんの事例はゴロゴロしています。
大切なのは、相続対策には優先順位を守ることが大原則であり重要!
〜菎蛎从・・・いくら大きな借金をして賃貸物件を建てたとしても、相続人全員の協議が纏まらなければ、絵に描いた餅。税法の特典が受けられないばかりか、共有資産として手が付けられなくなってしまう。
納税対策・・・資産をきちんと把握し、相続人が困らないように色分けをしておく。処分する土地、活用する土地、住み続ける土地等。また生命保険の検討も・・・
節税対策・・・ここで初めて、持ち続け活用する土地があるなら、賃貸建設等の検討に入る。しかし、むやみやたらに相続税を”0”にするために必要以上規模にしないことが鉄則!建設業者は目いっぱい建てさせるのが目的と心得よ!あとで経営がおかしくなっても、誰も責任は取ってくれない!

相続税がかかるかどうか、再度財産目録を作り、円滑な財産継承のために「たな卸し」をすることをおススメします。
日本人はケツに火がつかないと、またギリギりにならないと、動かない民族のような気がします。

スポンサーサイト

無料メール会員登録
「とっとり大家の会」勝ち組大家塾をはじめ、セミナー、勉強会等の最新情報をお届けします。

登録はこちらから
プレスリリース
2013/12/16掲載 全国賃貸住宅新聞
とっとり大家の会12月定例会及び忘年会
こちらのページへ

2013/11/18掲載 全国賃貸住宅新聞
とっとり大家の会10月定例会
こちらのページへ
ドライブレコーダーで安全運転
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS